終了イベント・キャンペーン報告

2016.01.12

2015年度 第5回社内学習会 報告

開催時間:10:00~11:20
開催場所:コープ住宅サービス(株) 会議室

テーマ
 『認知症を学び地域で支えよう』

講 師
 平井氏(おおさかパルコープ 生活サポート事業部)

参加者
 小野統括・木下M・窪田L・片山・矢野・岡本・金沢・庭野・松本・泉・竹田
 計11名

内 容
 65歳以上の人口が3,300万人と全体の26%を占めるなど高齢化が進む中、2012年には462万人だった認知症の発症数が2025年には700万人に達すると言われています。また85歳以上の高齢者の4人に1人の方が既に認知症の発症が認められるという現在にあって、まずは認知症について学び、その上に立った『認知症の人と接するときの心がまえ』について解説して頂きました。

学習会の様子

  • 2015年度 第5回社内学習会 報告
    テキストを基に認知症について分かり易く
    解説して下さった講師の平井氏
  • 2015年度 第5回社内学習会 報告
    参加者の学習風景
  • 2015年度 第5回社内学習会 報告
    講義終了後、認知症サポーターの証として
    オレンジリングが受講者に配布されました

認知症の人への対応の心得・・・・・3つの「ない」
 1、驚かせない
 2、急がせない
 3、自尊心を傷つけない

●具体的な対応の7つのポイント●
 ・まずは見守る
 ・余裕をもって対応する
 ・声をかける時は1人で
 ・後ろから声をかけない
 ・相手に目線を合わせて、やさしい口調で
 ・おだやかに、はっきりした話し方で
 ・相手の言葉に耳を傾けて、ゆっくり対応する

このページのトップへ